設計思想

音楽再生の方向性

演奏会上での音楽の響きがそのままとはいえないにしても、自分の装置から再生する音が、もう少し生に近い音にならないかと感じる方が、世間には多く存在していることは紛れも無い事実です。勿論ほんの少数派ですが大金を投じて贅の限りを尽くす方はおります。この事実は科学進歩の歪んだ一面でもあります。デジタル化の進化の恩恵を受ける製品は限られた予算でも相当高性能なものが手に入ります。ところが、オーディオの世界はアンプやスピーカーシステムはアナログのかたまりで、耳自体がアナログの誤差を敏感に感じ取る大変難しい再生のシステムです。なぜなら音の再生音を感じ取り、それを回路の設計に生かす個人の性格や趣向により、音の傾向性が変化して、それを製品化するメーカーにより、勿論自作するマニア自身の考えにより音が多様化します。いかに生の演奏そのままといっても大変難しい問題であることは間違いありません。このアナログの世界は100年以上の歴史を有しながらこれはと思われる製品が未だに存在しないのが、如何に大きな壁が立ちはだかっているか思い知らされます。
マックトンではこの大きな壁を破るために日夜努力しております。
マックトンの音を少しでも試聴していただければいくらかでも演奏会の雰囲気に近づけるのではないかと思います。

プリアンプの特異性

オーディオ装置の全般の流れをみたときにCDプレイヤーをはじめとする入力信号を先ずはじめに増幅する役目を担うのはアンプのプリアンプの部分であります。
普通、ただ増幅すればよいとの考え方が一般的でその重要さに考慮を払わないとするか、気がつかないとすることが、多々あります。川の上流部分と考えればこの位置での信号の増幅に大きな問題が含まれています。今までの経験に照らして、ここに手を加えることが全体の音質の改善に大きく寄与することになります。パワーアンプもスピーカーシステムも一切手を付けずに全く別物の装置の音に変わってしまった例がかなりあります。プリアンプの設計によって信号が大きく次のように変化します。音質が大きく劣化する製品、このときはどんな高級なスピーカーをつなげても良い音はしません。再生能力のすぐれたスピーカーほどその欠点をもろに出しますから、かえって音が聴きずらくなります。次に可もなく不可もない、せっかく高い費用をかけてなんの取柄ないプリアンプ。最後にプリアンプとしての最大の能力を発揮する製品とに分けられます。パワーアンプがもてる能力を十分に出せる信号をプリアンプから送り出せるかが大きな問題です。プレイヤーから受けた音楽信号を正確に増幅することは思ったより難しいことです。音が痩せたり、歪みぽっく、詰まった音や、高域がでにくい、等々がまさかプリアンプからでているとは思いもよらないことが多々あります。この問題はセパレートのアンプに限らずプリメインアンプにも大きく影響するときがあります。もしチャンスがあったときに実験すると良い結果が出るときもあります。
全体になんとなくいまいち音が精彩を欠くときには先ずプリアンプに関心を寄せてください。